内科・循環器科・歯科・歯科口腔外科
柴田医院内科歯科・北海道旭川市春光

 内    科・・気軽に相談できるホームドクターとして皆様の健康を守るお手伝いをしています。

 循 環 器 科 ・・病気の早期発見と継続的な治療に主眼を置いて医療を行なっています。

 歯    科・・長く自分の歯で噛めるよう、予防も含めた歯を守る治療を第一に行なっています。

 歯科口腔外科・・失った歯を補うインプラントをはじめとした先端医療を提供しています。

強い歯をいつまでも 歯の病気を治療する
インプラント治療
快適な入れ歯
つれづれ日記 トップページト



 月曜から土曜日まで柴田敏也理事長が歯科診療をしています。土曜日の午前中は旭川医大の歯科医師が主に口腔外科処置を担当しています。
 また、最近症例が増えているインプラント処置では、インプラントに精通した歯科医師も診療に参加しています。


歯科レーザー治療

 当医院では半導体レーザーとエルビウム・ヤグレーザーの2種類を常備しています。

 半導体レーザーは歯肉の切開や止血に優れた効果を示すほか、歯の中の神経の保存処置にも非常に有効です。痛みを緩和する働きもあり、顎関節症の顎の痛みの緩和に応用しています。腫れた歯ぐきに照射することで、歯周病現菌を殺菌し歯ぐきを引き締めることも可能です。

 エルビウム・ヤグレザーは硬い歯を切削可能なレーザーです。症例によっては深く進行した虫歯の部分だけをエルビウム・ヤグレーザーで削り、歯の中の神経を保護しています。このエルビウム・ヤグレーザーは表面麻酔効果があるので、場合によっては麻酔なしに歯ぐきを切開することも可能です。


半導体レーザー

エルビウム・ヤグレーザー

オーラルクロマ

 口臭で悩んでいる方は、日本国内において1千万人とも2千万人ともいわれています。当院ではポータブルガスクロマトグラフィー・オーラルクロマを用いて、定量的な測定で口臭の原因を突き止めます。

口臭の主要原因である揮発性硫黄化合物(VSC)を『硫化水素』『メチルメルカプタン』『ジメチルサルファイド』の三つのガスに分離し、それぞれの濃度を測定表示します。
 口臭をガス別に測ることで口臭原因の確認に役立つのはもちろんのこと、処置に対する過程、結果を目で見ることができるため口臭に対するモチベーションが高まります。


測定方法

この針のついていない小さなシリンジで口の中の呼気を採取します。
(約30秒)
(このシリンジは患者さん毎に使い捨てです。)

「オーラルクロマ」とコンピューターで、採取した呼気のガス分析をします。
(8分間)

判定結果が3種類のガス別にグラフで表示されます。
これをプリントアウト(30秒)して完了です。




 男女とも世界一の平均寿命を誇る日本。人生80年が当たり前の時代になりました。この長い人生を元気で楽しく生きるためには歯の健康が欠かせません。
 私たちは強くしっかりとした歯を保つため、予防と歯を残す治療を心がけています。
若い内から歯を大切にして元気に人生を過ごしましょう。

・歯の健康を守る基本はブラッシング(歯磨き)です

 パンフレットやインターネットなど、いろいろな方法でブラッシングの方法が紹介されています。ただ、きちっとしたブラッシングができている方は意外と少ないです。
 ここではブラッシングの方法ではなく、ブラッシングをするときの気を付けたいところやちょっとしたコツを紹介します。

@ 歯磨き粉を付けすぎない。

A 力を入れすぎないように磨く。

B 歯ブラシの先端を、歯と歯茎がつくる溝(歯周ポケット)に入れるように磨く。

C 歯と歯の間に歯ブラシの先端を入れるように磨く。

などがあります。

詳しくは歯科医院で説明と指導を受けるようお勧めします。
慣れるまで少し大変ですが、正しい磨き方を身につけて下さい。


 毎日ていねいにブラッシングを行なっても、歯の汚れを完全に除去するのは難しいです。そこで1〜3ヵ月に一度、歯の検査と歯ぐきの洗浄・除菌をおすすめします。

歯周病の進行予防には定期的な検査と処置が必要です

 歯がグラグラする、歯ぐきから血や膿が出てくる、なんだか口臭がするなどの症状がでたら、歯周炎(歯周病)が疑われます。
 歯周炎とは、歯を支えている組織の炎症を言います。歯周炎のほとんどは、磨き残し中に繁殖する細菌によって引き起こされます。原因を除去すると炎症は治癒に向かうので、正しい歯ブラシを心がけること、歯垢や歯石を除去することで歯周炎は良くなります。



左図のように歯磨きが不十分だと、磨き残しが付着し、細菌が繁殖します。細菌によって炎症が生じ歯ぐきが腫れ、重症化すると歯槽骨が吸収します。
(赤は歯ぐき、右側で歯ぐきが腫れています。灰色は歯槽骨を示します。)





歯ぐきが腫れると、歯と歯ぐきで作る溝が深くなります。左側に比べて右側では溝が深くなっているのがわかります。歯ぐきの溝は、歯の全周に渡ってあるので、歯周炎が悪化し歯ぐきの腫れが高度になると、溝が増大するのです。





 お口に歯が全部あるとして、すべての歯の歯ぐきの溝の面積を合計すると手の平サイズになるそうです。
 つまり、歯周炎の適切な治療がされていないと、手の平と同じ大きさで、炎症がずっとくすぶっていることになります。


 歯周炎の原因となる細菌は嫌気性菌といって、歯ぐきの溝の奥底でも生息できる細菌です。空気がない環境でも活動できる細菌です
 この嫌気性菌の活動を停止させ、除菌するには、歯ぐきの奥底に空気を送り込む必要があります。


 左の写真は、歯ぐきの溝を超音波で洗浄しているところです。
 超音波で洗浄することによって、水と同時に空気も送り込まれるので、歯ぐきの溝の奥底に生息する嫌気性菌は除菌されます。


 上の写真を図で示しました。歯ぐきの溝の奥底まで超音波を発振する器具をいれ、洗浄と同時に空気を送り込んでいます。
 こうすることで、除菌されますが、細菌は完全に死滅しません。
 このまま放置すると6週間から8週間で元の細菌数のレベルに戻ってしまうのです。


 このように歯ぐきの溝を洗浄し、除菌することで、歯ぐきは健康を保ちます。
 お口の中で、手の平と同じサイズの炎症がくすぶっていると考えるとあまり気持ちの良いものではないでしょう。

1ヶ月に1回程で良いので、定期的な歯ぐきの洗浄・除菌をお勧めします。


 内科・循環器科・歯科・歯科口腔外科

柴田医院内科歯科・北海道旭川市春光
 柴田医院内科歯科

 旭川市春光3条8丁目10番
 0166-51-3067
 内科・循環器科・小児科
 歯科・小児歯科・歯科口腔外科
 
北海道 旭川 柴田医院内科歯科マップ:クリックすると別窓で表示します

  内科診療時間

月・火・水・金 9:00〜17:00
      (受付時間 16:30)
木・土     9:00〜12:00
      (受付時間 11:30)
 日曜・祝日  休 診

  歯科診療時間

月・火・水・金 9:00〜19:00
     (受付時間 18:30)
 木・土    9:00〜12:00
     (受付時間 11:30)
 日曜・祝日  休 診

内科・歯科共に12:00〜14:00は昼休みです。
休日・夜間診療案内

北海道 旭川 柴田医院内科歯科医院写真
  Copyright 2005- 柴田医院 All rights reserved.